Home Sign up User Login Logout Sign up My page FAQ Contact us

2022.04.15

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)「Bankers (バンカーズ) 」の運営会社およびグループ各社のご紹介

  • 初めての Bankers

「あなたの投資が、未来を創る。」のメッセージとともに、融資型クラウドファンディングサービス「Bankers (バンカーズ) 」を運営する株式会社バンカーズ。投資家のみなさまへ資産運用の機会を提供し、借手がインターネットを通じて資金調達できる環境の構築を通じて、投資家さま・借手双方の未来に貢献する総合金融プラットフォームを実現するべく、日々邁進しています。
今回は、バンカーズと、バンカーズ・グループについて紹介いたします!

バンカーズの沿革

バンカーズは、貸金業者として50年弱の歴史を有する泰平物産株式会社を母体としており、貸金業登録番号は(13)と、同制度が開始して以来最古の番号となっております。同じ時代の登録番号帯を所有する事業者としては、アコム株式会社、株式会社クレディセゾン、株式会社ジェーシービー等、多くの有名企業が並んでいます。

貸金業者としての歴史を重ねた後、2019年に株式会社バンカーズ・ホールディングの100%子会社として現社名に商号を変更。第2の創業期として、銀行、証券、ノンバンク、IT業界での経験を有するメンバーが参画し、「あなたの投資が、未来を創る。」を掲げ、みなさまの将来の発展に貢献する総合金融プラットフォームを目指して、既存の貸金業に加えて、第二種金融商品取引業の登録を行い、2020年12月1日に融資型クラウドファンディング (ソーシャルレンディング) サービス「Bankers(バンカーズ)」を開業しました。

これまで不動産、診療報酬やクレジットカード債権に関連した融資を中心にファンドを約50本組成・募集してまいりました。今後の商品につきましては、既に組成しているオートリース債権に関連した案件や、売掛債権のファクタリング案件等の取扱いにも力を入れて行く予定です。

*過去のファンド実績は、こちらをご参照ください。また、募集予定ファンド・実施中のキャンペーンはこちらをご参照ください。

Bankersでは、融資型クラウドファンディングや資産運用で役立つ情報を掲載している、Bankers Noteというオウンドメディアを展開しています。
キャンペーンの情報なども日々更新しておりますので、是非定期的にチェックしてみてください☆

「Bankers」の組織

2020年12月にローンチした「Bankers」の運営は、主に3つの組織とコーポレート部門から成り立っています。

1つ目の組織は、「融資・商品部」です。借手(融資先)の発掘、融資審査のための企業調査・分析、ファンドの組成、融資実行、ファンド運用開始後のモニタリング、新しい金融商品の開発等、主に借手への融資業務とファンドの組成業務を行なっています。
ファンド組成への想いについては、次回配信予定の融資・商品部長インタビューで詳しくお伝えいたします。

2つ目の組織は、「ファンド営業部」です。融資・商品部が借手と向き合う一方、ファンド営業部は主に投資家のみなさまと向き合いコミュニケーションを図る部隊となります。ファンドの募集ページの作成やお問い合わせへの対応、新しいWeb機能・サービスの開発、メールマガジンの配信やキャンペーンの実施等、投資家のみなさまに当社サービスをご利用いただけるよう、販促やマーケティング活動を行っています。
ファンド営業部長インタビューも後日みなさまへお届けする予定です。

3つ目の組織は、融資審査を司る「審査部」です。融資・商品部、ファンド営業部、どちらにも加担することのない部門として、独立性と公平性のもと融資案件を審査いたします。

案件は、審査部による融資審査を経て、社内で選定された役職員が出席する「判定会議」においてファンド募集の採り上げ可否が付議され、それらを通過し承認された案件のみがファンドとして投資家のみなさまへ公開・募集される流れとなっています。

以上のように、3部署が中心となって「Bankers」のファンドを生みだしています。

バンカーズ・グループ会社について

バンカーズ・グループは、株式会社バンカーズ・ホールディングを持株会社として、上記で紹介した「Bankers」を運営する株式会社バンカーズと、株式会社バンカーズ・アセットマネジメントを柱に成り立っております。

・株式会社バンカーズ・ホールディング
各社に100%出資を行っている持株会社です。主にグループ会社のコーポレート機能を担う会社となります。

・株式会社バンカーズ・アセットマネジメント
社名の通り、主に不動産の証券化や債権の流動化案件を組成する際に登場するSPC(特別目的会社)のアセットマネジメントを行う企業です。バンカーズグループ初のストラクチャードファイナンススキームを活用してリリースした「オートリース事業支援ファンド」等は、そのSPCのアセットマネジメントを同社が行っております。

また、2022年3月31日より旧SBIソーシャルレンディング株式会社(現:株式会社バンカーズ統合準備室)もバンカーズ・グループ入りを果たしましたことはご存知の通りです。来る2022年5月9日を合併効力発生日として、株式会社バンカーズ統合準備室は株式会社バンカーズと合併し、サービス統合に向け鋭意準備中でございます。

今後も、バンカーズ・グループでは新しいファイナンススキームを開発するべく、持株会社の下にさまざまな企業を設立する予定です。

主要株主について

持株会社の株式会社バンカーズ・ホールディングは、株式会社マイナビ、株式会社サイバーエージェント・キャピタル等、多くの大手企業やベンチャーキャピタルから出資を受け、コーポレート・ガバナンスの面から株主のみなさまより日頃、企業経営に関するご指導をいただいております。今後とも株主のみなさまに支えられながら、バンカーズ・グループは成長を続けてまいります。

まとめ

「Bankers」およびバンカーズ・グループに関して、理解が深まりましたでしょうか。
今後も多種多様なファンドの組成や投資家のみなさまの資産運用に資するサービスやシステムの開発等、多くのことにチャレンジする企業・グループであり続けたいと考えております。
次回からは2回に渡り、「Bankers」を支える「融資・商品部」と「ファンド営業部」の各部長に、その思いを聞いてみたいと思っています。

今後も当社は「あなたの投資が、未来を創る。」ために、投資家のみなさまと借手にとってよりよいサービスと仕組みを提供できるよう、努めて参ります。